Facebookアプリの長所と短所

Facebookのモバイルプラットフォームは最も急成長しているアプリのひとつで、さまざまな学習機会を提供しています。ここ2、3年の間に、何百万人もの人々がデスクトップ版からモバイル版のFacebookアプリに切り替えています。

実際、Facebookの総ユーザー数の50%以上がアプリを介してこのサイトを訪れており、他のサイトよりもFacebookに費やす時間が長くなっています。一方で、基本的に2つの異なるバージョンのサイトが存在するため、ブランドやオンラインマーケティングに利用する場合は混乱してしまうこともあります。それが理由でデスクトップ版を選択する人もいます。

しかし、この記事では、モバイルアプリに焦点を当て、その長所と短所をみていきます。

長所

モバイル市場は、まだピークには達してはいないものの、今後数年間で爆発的に拡大するでしょう。人々はまだ知られていない可能性を発見し、ソーシャルメディアをどのように活用できるかについて考えています。

スマートフォンは誰もが所有するものとなったため、Facebookアプリを携帯電話にインストールするのは当然の結果でしょう。より簡単に自分のアカウントにアクセスでき、フィードをチェックするためにいちいちコンピュータの電源を入れる必要もありません。

さらに、Facebookアプリにはデスクトップ版と同じ機能が備わっているため、情報を見逃してしまうこともありません。

インターネットに接続できる環境さえあれば、Facebookアプリを使っていつでもどこでもログインできます。

短所

Facebookは完璧なアプリではなく、いくつかの重大な欠点があるのも事実です。例えば、携帯電話にFacebookアプリをインストールしてから、バッテリーの持続時間が以前よりも短くなったと感じる方がいるのではないでしょうか。

Facebookのモバイルサイトは、両者の切り替えが容易にできるように、全機能を備えたデスクトップサイトに近い動作をします。そのために電力を多く消費するのです。

Facebookアプリは、ウェブサイト版よりも変な不具合が発生しやすくなっています。これらの不具合はそれほど深刻なものではありませんが、頻繁に発生する傾向があり、全体的なFacebookの利用に対して不満を感じているユーザーもいます。

また、このアプリはユーザーのプライバシー対策がデスクトップ版ほど厳重ではないようです。デスクトップ版では、様々な設定を変更して、プライバシー設定をコントロールすることができますが、アプリではより難しくなっています。

最後になりましたが、多くの人々やブランドがオンラインマーケティングにFacebookを利用しています。ビデオクリップを作成したり、オーディエンスをターゲティングしたり、魅力的なコンテンツを公開したりしています。この目的のために、Facebookは広告マネージャという特別なツールを開発しました。このツールはビジュアル面で優れ、あらゆる設定を容易に管理できるデスクトップコンピュータで利用されるとよいでしょう。